全身脱毛 解約 クーリングオフ

申し込んだ脱毛のプラン、解約・クーリングオフしたくなったら・・・

脱毛サロン・クリニックを解約したくなったら

 

エステやクリニックのカウンセリングに行くと、必ず解約時の事も詳しく説明されます。しつこいほど念を押されるよう説明を受けるということは、それだけトラブルが多いということかも知れません。

 

全身脱毛を申しこんだのに、思わぬ妊娠や遠方への引っ越しなどで「解約しなきゃ・・」なんてこともあり得ます。

 

また、無理をしてローンを組んでしまい、後から金銭的に苦しくなって解約したいという人もいるようです。

 

短くても1年、長くて数年かかる全身脱毛期間中は途中で何があるのかわからないって思っていたほうがいいかも。万が一辞めたくなった時のことをあらかじめ知っておいたほうがいいですよ☆

 

カウンセリング時には、メンドクサイなーと思っても、もしもの時のためにきちんと聞いておきましょう。

 

ここでは、解約時にはどんなことがあるのか、どんな手続きが必要なのか、いくつかのサロン・クリニックを例に説明していきます。

 

*あくまでも例なので、正確な情報は直で各サロン・クリニックで確かめてみましょう。


月額制はだいじょうぶ。注意したいのは回数パック制

キレイモや脱毛ラボなどの月額制プランは、解約の前月に手続きすればやめられます。最初にある程度の縛り(2か月程度続けなくてはいけない)はあるものの、それを過ぎればいつ解約しても大丈夫だし、特に違約金もありません。

 

「月額〇〇円」という風に表記しているので月額制と思いきや、実は回数パック制と同じ「総額」での申し込みとなっているサロン・クリニックもあるので、そこは注意が必要です。

 

解約の手続きでちょっと面倒なのは「回数パック制」なのですが、ちょっと手間なだけであって、解約できないわけではありません。では、各サロンの主な解約の手続きをザッと見てみましょう。

 

ミュゼ 契約期間の範囲内で、残りの回数分を返金。
TBC クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合は中途解約で対応。
銀座カラー クーリングオフ期間を過ぎてしまった場合は中途解約で対応。
脱毛ラボ 途中解約可。違約金なしだけど解約手数料がかかる。
キレイモ 途中解約可。違約金なしだけど解約手数料がかかる。
エタラビ 途中解約可。違約金なしだけど解約手数料がかかる。
リンリン 中途解約可。返戻金が発生した場合や、中途解約時の振込み手数料はお客側の負担。

 

各々のサロンで、表記の仕方や言葉の使い方は微妙に違いますが、ほとんどのサロンで同じようなルールになっているようです。

 

つまり、

 

未施術でクーリングオフ期間内であれば、全額返金してもらえます。

参考:クーリングオフってなあに?(国民生活センター)

 

何回か施術を受けた後は、残りの回数分を返金してもらえます。ただし、解約手数料はお客側の支払いです。

 

解約手数料っていくらくらい?って気になりますよね。解約手数料というのは、残りの回数分の10%が相場です。

 

ただし、残りの回数分の額が高額な場合でも2万円以上にはなりません。特定商取引法でエステサロンの解約手数料は2万円までと上限が定められているので、それ以上になることはないからです。

 

参考:消費者庁@特定商取引ガイド

 

医療クリニックは解約手数料もかからないケースも多い

 

一方、医療クリニックでは、解約手数料も特にかからずに回数パックの解約ができるところも多いです(アリシアやリゼ)

 

詳しくは通っているクリニックに気軽に聞いてみましょう。

解約のことは契約時に確認を

どんな状況でも、解約が一切できないというサロンもクリニックもありません。解約の話というと確かにちょっと聞きづらいとは思いますが、まずは契約したサロン・クリニックにきちんと確認することが大切です。

 

ほとんどの場合、最初の契約時の書類にも解約の事が書いてありますし、カウンセリングで説明も受けるはず。しっかりと確かめておくのが大切です。

 

おすすめエステ・クリニック


HOME おすすめのエステサロン おすすめの医療クリニック