デリケートゾーン 陰部 黒ずみ 治す

デリケートゾーン(Iラインなど)の黒ずみを治すには?美白クリームはどれがいいの?

陰部の黒ずみの悩みには美白クリーム

 

全身脱毛をしていると、気になってくるのが体のあちこちの黒ずみ。今までは毛で覆われていた部分だから気がつかなかったけど...毛がなくなった時の衝撃がすごいですよね( ノД`)こんなに黒ずんでたのか・・・って。。

 

ワキや肘ヒザ、Vラインまでならケアできるクリーム等の商品も多く、当サイトでもオススメ1,2のアイテムの比較紹介をしています。
参考記事:脇やVゾーンなどの黒ずみをケアできるクリームの紹介!

 

だけど、あまり人に言えない・言いたくないデリケートゾーンの黒ずみ、いわゆる「Iライン」付近のケア用品はあまり多くありません。

 

Iラインの黒ずみは、下着やナプキンでの擦れ、カミソリなどの自己処理が原因でなるのだとか。

 

Iラインはたくさんの人に見せるわけではないけど(笑)、特に大事な人に見せる場所。黒ずんでいるなんて泣きたくなります。少しでも早く本来の色に戻したいですよね!

 

ここでは、珍しい「デリケートゾーン専用」の黒ずみケアクリームの紹介、他の商品との比較をしていこうと思います。


他の黒ずみケアクリームと何が違う?イビサクリームの紹介とピューレパールとの比較

イビサクリームの公式HPの画像

値段

容量

返金保証

定期初回:4,470円(税抜)

35g

*1ヶ月〜1ヶ月半分

60日間返金保証

公式サイト⇒薬用イビサクリーム
管理人レビュー⇒イビサクリームの口コミは?私が使った感想のレポ

 

「トラネキサム酸」配合であることが最大の特徴

 

他の黒ずみ対策クリームなどとの最大の違いは、イビサクリームには「トラネキサム酸」が配合されていること。

 

トラネキサム酸は、シミや肝斑、そばかすの治療薬として長く使用されてきた実績のある成分なのだとか。厚生労働省からも「美白有効成分」として認可されています。

 

参考サイト:トラネキサム酸について(第一三共ヘルスケア)

 

イビサクリームはそのトラネキサム酸を、デリケートゾーン専用の黒ずみ対策クリームとして配合・開発された商品です。

 

合成香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンは無添加で敏感なデリケートゾーンに優しく、8種類もの保湿成分配合なので潤いもキープできます。

 

売れっ子「ピューレパール」と「イビサクリーム」の違い

 

黒ずみケアクリームとして有名な「ピューレパール」と「イビサクリーム」を比べてみました。

 

ピューレパールはワキを始めとしたボディ全般の黒ずみケアクリームですが、Iラインなどのデリケートゾーンにも使っている人も多いようです。

 

そこで、デリケートゾーンに使うとしたら、ピューレパールとイビサクリームはどちらがいいのか?比較検証してみました。

 

イビサクリーム

ピューレパール

Pule Pearl

値段

定期コース初回:4,470円(税別・送料無料)
*2回継続が必要

定期:4,750円(税別・送料無料)
*3回継続が必要

容量

35g

30g

返金保証

60日間

60日間

美白成分

トラネキサム酸、オウゴンエキス、ダイズエキス ビタミンC誘導体、プラセンタ、米ぬかエキス

潤い成分

ヒアルロン酸ナトリウム、シロキクラゲ多糖体、ローズ水、乳酸ナトリウム液、2−ペンタンジオール、グリセリン、2−ヘキサンジオール、BG トリプルヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、天然ビタミンE

 

量は5gの違い

 

イビサクリームとピューレパールは、量にしたら5gの違いです。イビサクリームのほうが多いですね。

 

容器の形が違う

 

イビサクリームはチューブ型、ピューレパールはジャー型です。

 

デリケートゾーンに使うのにはチューブ型のほうが清潔に使えます。逆にジャー型は広い範囲に塗るときに取り出しやすいですよね。

 

デリケートゾーン以外に使える?

 

イビサクリームもピューレパールも、乳首、ワキ、くるぶし、ヒザ、ビキニラインなど、ボディの黒ずみが気になる部分にはどこでも使えます。

 


イビサクリームとピューレパールの口コミ@デリケートゾーン

イビサクリーム


Vラインの黒ずみが気になって購入しました。
定期購入が割安で買えるようなので、定期購入で買っています。
使い方は、朝晩1日2回塗ります。
それなりの量を塗っていると思いますし、内ももにも塗っていますが、1本で1カ月ちょっと使えます。
そろそろ1本目が終わるところです。(定期購入の為、2本目が届きました。)
使い心地としては、そんなにべたつきもなく、さらっとしている感じでもなく、中間といったところですが、まだ気温が高かった時に塗ってすぐにショーツをはいたら少しムレたようで、できものができました。
それ以来、塗ってちょっと乾かしてからショーツをはいたらできものが治り、新たにはできなくなりました。
香りは無香なので気にせず塗れます。
効果は、まだ1本目が終わるところなので消えたというわけではありませんが、心ばかりか少し薄くなってきたような気がします。
効果に関しては、少し気長に使ったほうがいいようです。
また続けて使いたいと思います。


見た目どうかなーと思ってましたが、持ち運びしやすいパッケージで結果的に良かったです。クリームもベタつきがなく、ニオイもないので使い勝手はスゴく良いです!

 

実際に黒ずみに効くまでには時間がかかるみたいなので、まずは使い続けてみようと思いまーす。

ピューレパール


現在ふたつ目使用中です。
わたしは日焼けしやすくメラニン色素ももともと多いタイプで、肘や膝やデリケートゾーンなどの黒ずみにずっと悩んでいました。
まだ使用歴が浅いのと、たまに塗るのを忘れてしまうので劇的な変化は見られませんが、なんとなく色素が薄くなってきたのかな?と最近感じています。
この調子で毎日忘れずに、露出の多い夏までに綺麗な肌になりたいです♪


いつも見ている番組で
ピューレパールが紹介されていたのがきっかけで購入しました。

 

私は生まれつきアトピーなんですが
バストトップ、デリケートゾーン問題なく使えてます。

 

効果の方ですが、使ってすぐに少し色が薄くなったと思います。

 

今では定期便で購入しております。

 

イビサクリームは発売からあまり日が経っていないだけあって、口コミ数が数件しかなく、1件だけ「薄くなったと思う」という口コミがあるものの、情報としては少ないと言わざるをえませんでした。

 

いっぽう、ピューレパールはさすがに口コミ数もかなりの数、デリケートゾーンに使用した人からの評判も良いようですね。使い続けて黒ずみが薄くなってきたという声がちらほら見られました。

 

 

デリケートソーンの黒ずみ対策はどっちがいいの?

デリケートゾーンの黒ずみには、イビサクリームとピューレパールどちらがいいか?上記の情報から比較してまとめてみました。

 

お値段や容量には大きな違いはないので、決め手は配合成分と実績だと言えます。

 

 

  • 口コミ評判もよく、実際にデリケートゾーンの黒ずみが解消した人がいる商品が良い人⇒ピューレパール
  •  

  • 厚労省に認められた美白成分「トラネキサム酸」配合の商品を試してみたい人⇒イビサクリーム

 

 

 


HOME おすすめのエステサロン おすすめの医療クリニック